• 免疫不全ウイルス

    体脂肪の量(somatic fat volume)には変動が見られないのに、体重だけが飲食や排尿などで短時間で増減する時は、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少すれば体脂肪率が上昇するのです。
    World Health Organizationは、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎが皮ふに健康障害をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の若人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する行動の禁止を世界各国に勧告中です。
    AIDS(エイズ)というのはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染により罹患するウイルス感染症の事で、免疫不全を招いて些細な真菌などが原因の日和見感染やガン等を複数併発する病状を称しています。
    バランスの良い食生活や運動は当然のことですが、全身の健康やビューティーを目的として、栄養を補うために様々な成分のサプリメントを利用する事が一般的なものになりました。
    日々繰り返される規則正しい日常生活、満腹になるまで食べないこと、無理のない運動等、一見アナログともいえる体に対する思いが肌のアンチエイジングにも活用されるといえます。
    ブラッシングで、入居者が猫のことを可愛いと感じることによって「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレスを低減したり癒しなどに繋がっているのです。
    メタボとは診断されていなくても、臓器の脂肪が多く溜まる類の悪い肥満になってしまう事によって、あらゆる生活習慣病に罹患しやすくなります。
    歳を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さにおいては少しずつ聴力が落ちますが、大体は還暦くらいまでは耳の衰退をきちんと自認できません。
    薬やアルコール、増粘剤を始めとした食品添加物などの物質を酵素で分解して無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓が果たす非常に大事な機能の一つだと言えるでしょう。
    常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、大別すると毒の極めて強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒力が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)になります。
    虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内側が狭まって、血液の流れが途切れ、酸素や大切な栄養が心筋に送られず、筋細胞そのものが機能しなくなってしまう怖い病気です。
    めまいは診られないのに、長時間続く耳鳴りと難聴の2つの症状を数回発症する症例を区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病」と呼ぶような症例があることは意外と知られていません。
    亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関わっている様々な酵素や、細胞や組織などの活動に欠かせない酵素など、200種類以上存在する酵素の構成物質としてなくてはならないミネラル分です。
    耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森林のスギやヒノキ、マツなどの大量に放出される花粉が元凶となり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を発症させる病気として知られています。
    うす暗い場所だと光量不足によって見えづらくなりますが、より瞳孔が開くため、目のレンズのピントを合わせるのに余分なエネルギーが利用され、光の入る場所でものを見るより疲れるのが早くなります。

Comments are closed.